光の環境の重要性とは

照明設計の業界ではサーカディアンリズムを重視した照明がカラダにいいという研究結果をもとに、改めて光環境の重要性がとわれはじめています。簡単に表現するのなら、自然界の光環境を人工的につくりだすとき、時間帯に考慮すればいいという考えです。古来からの太陽の動きや人の生活というのは、人の脳内に遺伝子情報としてインプットされていますから、できるだけ、自然界の光のリズムで生活することで心身ともに正常になります。毎日、カラダがだるい、午前中は頭がさえないというのは照明計画をやり直せば解決できることもあるでしょう。

カラダにあまりよくないこととは

住宅照明で最も注意する点は輝度といわれています。いわゆる、まぶしさのことで、当たり前のように設置されていたダウンライトは特に大きく目に負担をかけていることもあるでしょう。シンプルでコストも安く、設備としては最適であるため、住空間で多く使われるようになりましたが、お店のように天井が高い家はそうないですし、生活するうえでは上向き加減になるので、光が目に入りやすく、負担がかかりやすくなっています。LEDはもともと輝度がたかいので、従来の光よりもまぶしさを強く感じるものです。最近では樹脂カバーでまぶしさを抑えているものもありますが、ペンダントやブラケット、スタンドに比べれば強く光がはいりこみますから、なんだか落ち着かないというときはダウンライトを控えめにしてみましょう。

明るさの間違いに気づく

多くの人は空間が明るいことと手元が明るいことを混同していますが、空間の明るさを決定できるのは実は壁面の明るさなのです。また、小さな子供は大人の数倍も光に敏感ですから、明るい照明により目を悪くしてしまいます。高齢者にも同様のことがいえ、若いころよりもまぶしさが拡大するので、居心地が悪く感じるでしょう。ですが、手元の明るさは若い人の倍以上の明るさが必要で、それをスタンドで補い、全体は間接照明やスタンドで構成すればLED電球でもとてもやわらかくて優しい感じのする空間になり快適になりますよ。

ledパネルを中古品で購入する場合、配線設備の状態を確認することが大切です。特に年式が古い製品は配線が劣化しているケースもあるので信頼できる業者から購入するように心がけます。