固さと柔らかさのバランス

お米で炊きあげるご飯と言うのは、柔らかすぎても固すぎても美味しくないですよね。ホームページのバランスでも同じ事が言える場合があり、固すぎても柔らかすぎても良いバランスを整える事ができなくなる事がありますよ。例えば、辞書の様な文章ばかりの内容は、硬すぎるイメージを与える事にも繋がり、又、薄い色ばかりで配色をした様なデザインは柔らかすぎる印象を与えてしまう可能性があります。一般的に男性向けのデザインは固い内容が望ましく、女性向けのデザインは柔らかい内容が良いと言われていますが、あまりも強調すぎる内容は偏ったデザインになり易くなるため注意が必要と言えるでしょう。

モデルと本文の扱い方によるバランス

ホームページにはモデルを扱った効果と言う物がありますよ。ホームページを見る端末は機械ですよね。機械と言うのは固い印象を与えてしまいますが、人物や動物などのイラストを利用する事によって機械的内容を薄める効果が期待する事が出来ます。モデルを利用する事によって、伝えたい心情に対して共感を持ってもらう効果も期待する事ができますよ。ただし、ホームページは、本文を読む事を前提にして訪れている事が一般的であるため、あくまでもモデルは心情を伝えたいための補助的な目的として利用する事が望ましいと言えるでしょう。バランス的に言えば、まとめ記事に見られる様に、一つの話題に対して一つの画像を扱う手法がお勧めですよ。

色彩に対するバランス

ホームページは好みの配色でデザインを行なって行く事が出来ますが、色彩に対するバランスを考えて配色を行うと違和感の無いデザインで作成する事が出来ますよ。例えば、白と黒はあらゆる色と調和をすると言われているため、背景に白色若しくは、黒色を適応させると調和の取れたデザインを作り出す事が出来ます。又、白と黒も調和をすると言われているため、背景を白、模様などを黒とした場合でも調和を取る事が出来ますよ。彩度が高すぎる背景色は、タブーとも言われ本文に意識が集まらず背景に意識が集まり易くなるため注意が必要です。調和が取れた内容と言うのは、自然界に多くあり花の配色や動物などの配色を参考にすると良いでしょう。

レスポンシブデザインは、webデザインの手法です。単一のファイルで対応できるので、クオリティーの高さが求められます。