なぜ、新入社員には研修が必要なの?

社会に出て会社に就職すると、学生時代にはないスキルやビジネスマナーなどが必要となります。ですから、新入社員には短くても3ヶ月、長ければ1年~3年ぐらいの間、会社が立派な社会人になるための研修を行うことが多いのです。こうした研修によって、必要な礼儀や心構えなどを身に付けることができ、社会人として責任のある行動が取れるようになってきます。また、就職した会社や仕事に対する理解を深めてもらい、すぐに退職したりされないように会社が行っているという面もあります。

入社後だけでなく入社前にも研修を行う会社がある

入社後に即戦力となってもらえるように、入社前にも研修を行う会社が増えています。たとえば、eラーニングなどの通信教育によって、仕事に必要な知識などを前もって教えるようにするのです。また、新入社員が会社の事業や理念などをよく知ることにより、入社した後に会社に誇りを持って働けるようにするという狙いもあります。さらに、社員同士の連帯感を深めるための研修なども行われることがあるようです。最近の新入社員には、いい企業に入って定年まで働きたいと考える人が増えているからでもあります。

研修によってさまざまなことが学べるのが心強い

新入社員にとっては、研修期間がきちんと設けられていることはとても心強いことです。彼らにとっても、何もわからないままいきなり仕事をさせられるのは不安が多いからでしょう。ですから、しっかりした研修をしてくれる会社には積極的に入りたいという考えを持っています。それに、今まで学生しか経験したことがなくて、大学時代遊んで暮らしていたような青年たちを、企業戦士にするのにはやはり中身の改革が必要です。そのためにも、新入社員研修が大きな意味を持ってくることになるのです。

社員研修を行う場所は、自社の会議室ということもあれば、グループ企業に出向いたり、公共のホールなどを使うこともあり、ケースバイケースです。