安全な日本の水道水、より美味しさを求めるなら

日本は水道水の安全性、美味しさにおいてトップクラスのレベル。それでも、その地域の浄水場のカルキ量によって味に差があり、マンションなどの集合住宅では、貯水タンク方式の場合、臭気などが気になることもあります。より美味しい水が飲みたい、お料理に使いたい。そんなときは、浄水器の購入がお勧めです。ペットボトルで買うよりは断然お得ですし、浄水フィルターを通すことにより、水道水の消毒に使用された残留塩素により生成されたトリハロメタンなどの有害物質を除去することができるのです。

様々なタイプの浄水器、選ぶときのポイントは

一般的に多く使用されている浄水器は、設置がカンタンな蛇口直結タイプです。そして有害物質の除去性能が高い、据え置き型、流し台の下に設置するアンダーシンク型浄水器。片手持ちポットの中に浄水フィルターがあり、水道水を注いで冷蔵庫に入れて冷やす、ポット型浄水器などがあります。蛇口直結タイプは浄水機能は据え置き型には劣りますが、飲料水や料理に使用するには充分、ただフィルターの寿命が短めです。据え置き型、アンダーシンク型は高い浄水機能を持ち、フィルターの交換は年2回程度と長持ちですが、据え置き型はキッチンのシンク上に設置場所が必要、アンダーシンク型は流し台の下に設置するので目立ちませんが、取り付けの際、工事が必要な場合があります。ポット型はコンパクトで扱いやすく手入れが簡単、デザインも可愛いものがあります。しかし、浄水機能はそれほど高くありません。

気軽さか性能か、生活サイクルに合った浄水器を選ぼう

価格が安いのは、蛇口設置型、ポット型で1500~7000円程度。設置型、アンダーシンク型は30000~100000円と高価になります。しかし、その性能はちゃんとお値段に見合っています。気軽に購入できる蛇口設置型、ポット型はフィルターの交換回数が多くなりますし、蛇口設置型はフィルターの価格が高めで本体と同程度、または本体より高くなってしまう場合があります。お値段が高い設置型は、人気のアルカリイオン水や、料理に向く軟水を生成できるタイプもあるのです。気軽さと、そこそこの性能を期待するなら、蛇口設置型、ポット型浄水器。より、水に美味しさとこだわり、安全性を期待するなら、設置型、アンダーシンク型浄水器でしょう。水の使用量によってフィルターの寿命も変わってきます。家族が多ければ、自然と水の使用量も多くなりますよね。自分のライフサイクルに合わせた浄水器を選びましょう。

浄水器の場合、高性能なフィルターによって有害物質の除去を行うことができるため、水の安全性を高めるために大変効果的です。