部屋の場所は?そして、階数は?

アパートやマンションといった賃貸住宅を選ぶときは、近隣との物理的距離を考える必要があります。やはり、壁ひとつ隔てた空間に見知らぬ人との共同生活をするのですから、お互いに気持ちよく暮らしたいものです。そのためには、「音」が伝わりにくい場所選びも大切です。まず、角部屋を選ぶことにより、両隣に気を使わなくても済みますね。たとえば、テレビを置くときは、隣接していない部屋を選ぶことにより、かなりの伝わりにくくなります。また、1階か2階かを迷うこともありますね。結論からいうと、音に対して気を使わなくても済むためには、1階がお勧めです。その代り、2階の物音が聞こえてくることには寛容な気持ちが必要になります。

気になる部屋の間取り図は?

ファミリー向けの住宅としては、2DKが身近ではないでしょうか。その場合、全体の間取りはもちろんですが、DK以外の2部屋の配置がどうなっているのかもポイントになります。プライバシーに配慮するためには、各部屋間が直接行き来できないほうがいいですね。一方、2部屋間の扉や襖を開けて使いたいときは、2間続きを選ぶといいでしょう。また、2間続きのメリットとして、窓を開けると風通しがよくなることや、冷暖房を有効活用できることも挙げられます。なお、賃貸住宅を選ぶときは、手持ちの家具をスムーズに置けることも大切です。そのためには、間取り図をもとにしてきちんと確認しておきたいですね。

駐車場の場所は?料金はどれくらい?

日常的に車を使っている人は、駐車場の有無を確認することは不可欠です。また、夫婦それぞれが車を持っている場合は、2台分の駐車場があることが望ましいですね。しかも、賃貸住宅の敷地内にあることも避けられない条件です。また、買い物した荷物を運ぶときの利便性を考えると、借りる予定の部屋から近いほうがありがたいですね。気になるのは駐車場の料金体系です。駐車場料金は、毎月の家賃に含まれている場合と、家賃に追加される場合とがあります。また、共益費なども追加されることがありますので、疑問に思うことは契約前に確認しておくことをお勧めします。

賃貸管理システムは、マンションやアパートなどの管理者にとって、魅力的なツールとして捉えられており、ビジネスチャンスを広げる際にも役立ちます。